MENU
koko itta
心配性で荷物が多くなってしまう母私と、ディズニー以外のテーマパークで絶対待てないせっかち夫、真顔で乗り物に乗りがちな息子の3人家族の子連れ旅行ブログです。

予約サイトとのギャップや価格から見た満足度などを掲載しています。(よく話が脱線します。)

よく行く場所は伊豆、他に私の故郷の小田原と夫の故郷の群馬北部など。

混んだ場所に行かない・待つ場所に行かない・頑張らない、が旅のテーマです。

池の平ホテル 子連れ宿泊記|子どもの夢全部のせ白樺リゾートに感謝の意を表したい

白樺リゾート池の平ホテルに子ども連れで行ってきました。我が家の旅行記とともに、アネックス館洋室の客室やバイキングと大浴場の混雑と感想、いまいちポイントなどをまとめます。

子どもがめちゃくちゃ行きたがるから白樺リゾート池の平ホテルに行くことにしたわけですよ。

池の平ホテルは子ども向けの仮面ライダーやプリキュアの部屋があって、バイキングでも高評価を得ているホテル。

…なんだけど。

大人にとってはそう魅力的な宿って感じでもないじゃない?(いきなり暴言)

まぁこう言っちゃナニだけど、「息子の希望だし1回付き合ってみるか〜」的に行って、
大満足して帰ってきた

どういうこと〜〜!

\ この記事のハイライト /

画像をクリックで読みたい所に読み飛ばし

画像タップで読みたい所に読み飛ばし

  • 池の平ホテルのチェックイン、混雑は?

»宿の詳細・宿泊費を先に見る

クリックできるもくじ

白樺リゾート池の平ホテル チェックインは超混雑するから注意!

参考:じゃらん

我が家が池の平ホテルにチェックインした日は雨。

池の平ホテルに到着したら車寄せに行列ができてました。Oh…さすが人気宿!

車寄せには屋根があるから、ここで荷物を降ろして、車を運転する人だけ駐車場に車を停めに行くって感じ。

駐車場はこの車寄せから近い場所が空いていればラッキーだけど、この駐車場は混んでいるので、遠い場所になる事もあります。割と歩くことになるので雨の予報が出ていたら傘持参で行ったほうが安心です。

車寄せのあるフロアからフロントへはエスカレーターで

で、車寄せで荷物を降ろしたら、夫が車を停めに行っている間にフロントでチェックインしておこうかな〜なんて気の利いた事思うじゃない?

エスカレーターか階段でワンフロア上に行かないとならないのよ。

私プロフィールにも書いているとおり、心配性で荷物が多くなっちゃうタイプなんです。

2泊なのに5泊ぐらいすんの?って感じになっちゃうのね。

人混みの中、ぐにゃんぐにゃんする幼稚園児の手を引いて5泊分の荷物を持ってエスカレーターで上に行ける?!

⇒行きました(力持ち)。

もうこの時点で疲れ果てちゃったから、奥さんには「車を移動させている旦那さんをその場で待つ」か「荷物を適正量にする」を強くおすすめします。

フロントは時間によっては猛烈に混む

ようやくフロントのあるフロアに到着した私と子ども。

目の前に広がる景色に驚愕したわよ…

猛烈に混んでる

いやいやいやいや、夏休み期間とはいえもう8月下旬よ????!!!

お盆前後とかどうなっちゃうの???!!!

っていうかどれぐらい混んでいるかっていうと、そうね、ディズニーランドレベルで混んでます。もうここがディズニーランドってことでいいんじゃない??どう?!

大量の荷物をフロント前にあったカートに積んでしまったがために更に重さが出てしまい…

混雑の中息子と手を繋がないわけにもいかず、小回りが利かない重いカートを片手で操作する羽目になった私…

チェックイン列の蛇行に合わせて片手でカートを操作するの、大変だったな…

やっとの思いでチェックインを済ませると、本格的なレインコートをばっちりと着込んでフードも被っているのにスネむき出しでビーサンという超不審者がこちらを凝視しているの。

え!池の平ホテルっていろんな人がいるんだなって思ったらうちの夫でした。

別の機会に19:00頃チェックインしたら、空いていて快適でした。池の平ホテルはチェックイン時間をずらしたほうが良いですよ♡

お部屋まで荷物を運ぶのは手持ちのほうが楽だよ

さて、チェックインを済ませて、今回宿泊するアネックス館に向かいます。

フロントとロビーのある本館の4階がアネックス館の1階、というトリッキーな建物なので、アネックス館に泊まる人は荷物はカートを使わず手持ちをおすすめします。

理由はコレ。

そう、、エレベーター!!

エレベーターが小さいのよww

どう考えてもロビーにいる人数とエレベーターのサイズが釣り合わないのよwww

他に人が乗ってたらカート詰めないし、よしんばエレベーターにすんなり乗れたとしてもエレベーターの乗り継ぎ先でまた小さいの出てくるからww

アネックス館のエレベーターも小さい

手持ちなら乗り合わせできる可能性もあるし、カート使わない方が便利です。

ちなみにチェックイン時はまだマシで、チェックアウト時間は何回も見送るハメになる事だけはお伝えしておくわ!

白樺リゾート池の平ホテル アネックス館洋室 客室レポ

さて、今回我が家が宿泊するのがアネックス館の洋室。

お値段がお手頃なんだけど、34㎡の広さなんです。(お部屋の広さの感想は★別記事で)

思ったより広いし綺麗じゃないの!

お部屋がコチラ!

思ったより広い〜!!

しかも、綺麗!

昔からある宿ってエアコンとデンワが黄ばんでたりして古ぼかしさが出ているものだけど、池の平ホテルの洋室はそういう事もなくて綺麗でした。

ところどころに木が使われていて、カーテンはナチュラルな柄、いかにも「高原に来ました」という優しい雰囲気だわ。

窓を開けると白樺の木々の向こうに白樺湖が見えて爽やか過ぎた…

もう少しビジネスホテル寄りの雰囲気かと思っていたから予想外だったわ!

トイレのドアが見たことないヤツだった

お部屋にはバスとトイレがついています。

写真の明るいドアがユニットバスで、そのすぐ左にあるのがトイレなのだけど、トイレのドアがこれまたトリッキーで、”左にグッと押し込んでかつ手前に開ける”みたいな感じ。

トイレに行くたびに脳が活性化された気がするw

白樺リゾート池の平ホテルのアメニティなど

白樺リゾート池の平ホテルのアメニティは必要なものは一通り揃っている感じでした。

アメニティセットです。

池の平ホテルのお着きのお菓子

お部屋にはお茶セットと、それからお着きのお菓子。

お着きのお菓子はコチラ。

白樺園〜!!

ええええこれめっちゃ懐かしい!!

小さい頃にスキーのたびに買ってたやつが出てきてすごくテンション上がる!!

派手さはないんだけど素朴で美味しいのよね。

白樺リゾート行ったら絶対に食べてみて。

池の平ホテルの子ども用浴衣

子どもの浴衣は大人と同じ柄のものを借りることができます。

サイズは80cm、95cm、110cm、130cm。

何枚も写真撮ってたらうんざりされてしまった。

赤ちゃん用品の販売もアリ

そうそう、池の平ホテルは小さな子ども連れでも安心。

無料で借りられるモノ以外にも、こんなに赤ちゃん用品を販売しているんですよ〜♡

取り扱い品・価格は変更になっている事があります。

白樺リゾート池の平ホテル バイキングの混雑や感想

池の平ホテルといえばバイキング!

70種類ものメニューが食べ放題なんてすって。

どう考えても全てを網羅するのはムリだと思うので、私は炭水化物を一切食べす、とにかく肉、そして蟹を狙う作戦を決行することとするッ

というわけで、今回の食事会場「スカイラウンジ氷河」にやってきました。

入店時間指定だから、それほど待つことはなさそう

池の平ホテルのバイキングは、チェックインの際に時間を指定します。

確か18:00〜18:15とかだったかな…いや30分刻みだったかな…ちょっと記憶が曖昧。

チェックインが遅い場合はレストラン入店時間の枠が埋まっていて好きな時間が選べない事があります。

レストラン内の様子はこんな感じ!

全体を写せていないから、実際はもっと広いです。

けっこうみっちり人がいますね。

混雑はしているけど、お料理の種類が多いから取りやすい

テーブルはほぼ満席状態でレストラン内は混雑しているんだけど、お料理カウンターは行列ができるほどではなくて、料理が取りやすいです。

人が沢山いるけどバイキングの種類も豊富だから、並んじゃって全然取れない…なんていう事はありませんでした。

お寿司のコーナーはちょっと待ちが出来ていたけど、ストレスに感じるような混雑具合ではなかったですね。

それから、お料理周りが綺麗だったのも印象的だったな…

★ヒルトン小田原はもっとわちゃわちゃしていた記憶がある。

池の平ホテルのバイキングは小皿に盛られているメニューが多いのよね。

だからぐちゃぐちゃしないのかも知れない。

★コロナ禍のバイキングについては別記事で…

キッズコーナーはカウンターが低くなっているから、子どもも盛りやすかった。

思っていたより美味しい〜!

正直言ってお料理はまったく期待していなかったんだけど(だって期待する方がおかしいだろってほどお手頃な宿泊費だったから…)、思っていたよりも美味しかった。

お肉は目の前で焼いているものを取り分けてくれるんだけど、柔らかくて何回もお願いしちゃったわ♡

とにかく食べるのに必死で料理の写真撮るの忘れちゃったけど、バイキングでよくある「人気のないメニューがカピカピ…」みたいな事は一切なかった。

それからサラダコーナーの人参ドレッシング、これがもうすっっごく好き。

肉と蟹だけを繰り返す予定だったけど、人参ドレッシングが美味しすぎてサラダ4回もおかわりしちゃったわよw

白樺リゾート池の平ホテル 温泉・大浴場は混浴エリアあり♡

さて、お次はお風呂を紹介しますね。

池の平ホテルのお風呂は、男女別の大浴場と露天風呂の他に混浴の露天風呂があります。

混浴エリアは水着か湯浴み着着用です。

混浴露天風呂は家族で入る事ができて、広いからなかなか良かった。

まず温泉施設の入口で男女にわかれて、男女別エリアにそれぞれ更衣室と大浴場と露天風呂があり、その奥に「混浴露天風呂」への道があるような感じ。マジでダンジョン。

男女別エリアには大浴場と露天風呂

池の平ホテルの男女別エリアは通常の温泉の大浴場と同じで、身体や頭を洗うのはココ。

男女別の露天風呂は混浴露天風呂の方にみんな行っちゃうからか、こんなに素敵なのに貸切状態だったわ!

参考:じゃらん

大浴場の内湯は特になにか変わった部分はなく普通の大浴場って感じでした。

混浴エリアは水着か湯浴み着を着用!

大浴場の奥に混浴エリアへの通路があります。

混浴エリアに直接行く場合、更衣室で水着か湯浴み着に着替え、大浴場の中を通って混浴エリアに行く感じ。

水着がない場合はタオル地の湯浴み着を大浴場入口で借ります。

ちなみに

湯浴み着のイラストだけ見た時、タオル地である事がわからなくて「いやタンクトップと短パンとかめっちゃ透けるんじゃ…?!」と思っていたけど、実際は分厚いタオル地でした。そりゃそうだw

混浴エリアから男女別の大浴場に入りたい場合、混浴エリアから男女別大浴場に戻る通路にビニール袋があるので、ビニール袋に水着か湯浴み着を入れればオッケーです。

混浴露天風呂は広く、プロジェクションマッピングも楽しめる

露天風呂の広さをお伝えできる画像がなくて残念なんですが、混浴露天風呂はめっちゃ広いです。

参考:じゃらん

で、池の平ホテルの混浴露天風呂といえば1晩に4回ほど上映されるプロジェクションマッピング。

少々古さを感じなくはないけども、露天風呂に家族で入りながらショートムービーを楽しめるってなかなかない体験だから、時間が合えばぜひ見て見て!

だた、上映時間はそれなりに混雑するから、広々と露天風呂を楽しみたいって人は、上映時間を避けたほうが良いかも。

白樺リゾート池の平ホテルの屋内プールを利用してみました

池の平ホテルの温水プールは池の平ホテルの夏の象徴といっても過言ではない場所。

ウォータースライダー目当てに訪れるファミリーもいるとかいないとか。

というわけで、さっそくプールに行ってみました。

混雑すると入場制限するプールだが…

池の平ホテルの温水プールは、ハイシーズンは入場制限をするほど人気なんですって。

8月下旬とはいえ、この日はフロントの方によると「ほぼ満室状態」だそう。混雑覚悟で行ってみました。

プールの受付は、コチラ。

ボーリング場の受付も兼ねています。

受付でプール利用を伝えて料金を払うと(プランに含まれている場合はチケットを渡すのかな?)、人数分のタオルを貸してくれました。

タオルを持って、更衣室へ。

ラッキーなことに空いてそう♡

男女別になっている更衣室にはシャワーと、カーテンで区切られた着替えブースがありました。

更衣室と別にコインロッカーが置かれたお部屋(ここは男女ともに入れる)があります。

施設の真新しさはないけど、思っていたより綺麗でした。

池の平ホテルってお値段の割にけっこう手入れが行き届いてるのよね…

ウォータースライダーは身長制限なし

池の平ホテルのプールといえば40メートルのスライダー!

なのですが、気になるのは身長制限ですよね〜。

池の平ホテルのウォータースライダーは身長制限・年齢制限は特にないみたい。

ただ、ウォータースライダーの始点までは急な階段なので、パパママ判断でどうぞ♡

小さなお子さん向けの浅いプールもありました。

プールは温室状態で日が照りつけるから日焼けに注意よ!

屋内プールなのだけど、天井は温室みたいに日が入るやつなので、ギラギラと太陽に照らされてけっこう辛かったわ…(10月なのに)

もしかしたら日焼けするかも知れないから、ちょっと気にしておいたほうが良いかも。

日焼け止めがオッケーか確認していないから現地で要確認だけど、日焼け止めがオッケーならした方がいいし、NGならUVカットハットぐらいは被っていったほうがいいです。

白樺リゾート池の平ホテル 遊び場レポ

池の平ホテルは温水プールの他にも、

  • ボーリング
  • ゲームセンター
  • 卓球
  • きっず×きっず(屋内アスレチック的な)

など、遊び場があるのが魅力なんですよね。

とりあえず池の平ホテルに行けば、雨の日も子どもが退屈することなく過ごすことができるので、私たち親にとっても最高のホテル〜♡

アミューズメントエリアで子ども大満足

実はうちの子どものボーリングデビューは池の平ホテル!

ガーターにならないようにしてくれるのと、ボールを転がす滑り台みたいなものがあるので、子どもでも楽しめちゃうんです♡

今回は運転で夫が疲れている所を勝ちに行く!!!(卑怯)

息子78、夫111、私122という結果になりました。

全員弱いwww

そんなに広いボーリング場ではないので、タイミングによっては待つみたい。

そんな時はすぐ目の前のゲームセンターへ!

こんな懐かしいゲームがあったりして、親子で楽しめちゃうんです。

私も日ごろのあんなことやそんなことを思い浮かべながら本気で取り組んだ結果…

本日のスゴウデが85で、私が84!うっかり今日の最高記録を抜いてしまうところだったわ!!

ちょっと夫にはドン引きされたけど、それもまた良い想い出。

他にもUFOキャッチャー系のゲームや乗り物系ゲームなどもあるので、幼児だけではなく大きなお子さんも楽しめるから、家族みんなで行ってみて♡

屋内アスレチックきっず✕きっずは小学校低学年まで

池の平ホテルのゲームセンターの近くには、屋内アスレチック「きっず✕きっず」があります。

ここは、★池の平ファミリーランドを利用する人でも有料で利用できる場所。

池の平ホテル宿泊者でも特にプランに含まれていない場合は3歳から20分600円の利用料金がかかります。

コロナ禍の2020年はクローズしていて、2022年現在はボールプールなど消毒が難しいエリアは使用中止になっているそう。

子どもが心置きなく体力発散できる場所って本当に助かっちゃうわよね!

縁日ちょんこづきが神がかってる〜!

我が家が池の平ホテルに行った年は縁日のちょんこづきが開催されていました。

だいたい夏休みに開催されているようなので、夏休みに池の平ホテルに行く方はちょんこづき、ぜひ参加してみて!

コロナ禍で開催されていない可能性があります。

私たちが今回利用したプランの中にこのちょんこづきのチケットが4回分ついていて、輪投げや射的などの中から好きなものを4回出来るというので、行って来ました♡

19時の開場に合わせて行くともう行列ができていて、会場内にはけっこう人がいましたね。

輪投げやガラガラくじ、ボーリングの玉が決められた位置に入ったら成功!っていうゲームやコイン落としなどなど…

いろんな種類のゲームがあるんだけど、それぞれこんな風に…

テーブルいっぱいに景品が並んでるの!!

で、この景品、なんと残念賞なんですwww

太っ腹かよ…

うちは4種類のゲームをしたから、残念賞を4ついただいて帰ったんだけど、おもちゃ抱えて縁日を後にしました。神なの?!

それから、ちょんこづきの会場には他にもスーパーボールすくいやヨーヨー釣りという、本来であれば縁日で子どもたちに大人気になるはずのコーナーがあったのだけど…

キッズ、誰も気付いてないwww

微妙に屋外なのよww

もしちょんこづきやってたらスーパーボールすくいとヨーヨー釣りもよろしくどうぞ!

この縁日の何がすごかったかって、スタッフの方々が本気で子どもに優しいの。

すっごい優しくルールを説明してくれて、真横で応援とかしてくれんのよ…いやマジでホスピタリティの権化よ。

またちょんこづき復活したら絶対行くわ!

白樺リゾート池の平ホテル 残念ポイント

さて、子ども大満足、私たち親も子どもの喜ぶ顔を見てほっこり…の白樺リゾート池の平ホテルですが、

さぁさぁ!ここらで当サイト恒例「ここが残念!」というポイントをあげていきますよ〜!

チェックイン・チェックアウトが混む〜!

チェックインとチェックアウトがとにかく混雑します。

特にチェックイン開始時刻と、チェックアウト時刻間際のフロントとロビーは、子どもを見失ってしまいそうなほど…

なので、何も知らずに行ってしまうとお部屋に着くまでにげっそり…という事になりかねないです。

チェックイン時間を夕方以降にずらしたり、チェックアウトは朝食の時についでにフロントに立ち寄って先に精算するなど工夫すると良いです。

ちなみに先に精算しておけば、鍵の返却ボックスにルームキーを入れるだけでオッケーです♡

エレベーターが小さくて…

池の平ホテルはアネックス館・本館・東館を繋いでいるので、お部屋によってはエレベーターの乗り継ぎが必要なのですが…エレベーターが小さい!

なので、初めて行った時にチェックアウト時間少し前に荷物を持ってフロントに行こうとしたところ、何回もエレベーターを見送ることになっちゃってヒヤヒヤしてしまったわ…

  • カートを使わず手持ちする
  • チェックアウトを先に済ませておく

これだけ気を付けておけば、なんとかなるので覚えておいてね!

白樺リゾート池の平ホテル 子連れ旅行の感想まとめ

再訪したい度

施設・建物
イマイチ
最高
部屋
イマイチ
最高
料 理
イマイチ
最高
接 客
イマイチ
最高
予約サイトとのギャップ
価格からみた満足度
イマイチ
満足
子連れ旅おすすめ度
イマイチ
最高

※個人の感想です。

池の平ホテルって、子どもにとっては夢のようなホテルなんじゃないかしら…

親目線で考えると、もう少し落ち着ける宿に行きたいわ〜なんて思わなくもないんだけどw、でも子どもと一緒にキャッキャウフフ楽しむ時間もまた幸せな時間よね!

さて、当サイトに訪れて下さる聡明な奥さまならもうお気づきの事と思います。

池の平ホテルって、子どもの夢が詰まった宿だということに。

プールで思いっきり楽しんで、ボーリングでちょっと悔しい思いしたりして、ゲームセンターでエキサイトして、バイキングで好きなものをたくさん食べて、家族みんなで温泉入って、

いやもう最高じゃないの!!

しっとりした宿は大人になってからでも行けるから、子どもが親と旅行してくれる間に、池の平ホテル行っておいて良かったわ〜♡

\この宿の口コミや価格をチェック/

白樺リゾート池の平ホテル 基本情報・宿泊費

所在地〒391-0321 長野県立科町芦田八ケ野1596
交通アクセス佐久南IC・諏訪南ICから35km
総部屋数168室
キャンセルポリシー当日        :宿泊料金の100%
前日        :宿泊料金の50% 
3日前から     :宿泊料金の30% 
5日前から     :宿泊料金の20% 
7日前から     :宿泊料金の10% 
※キャンセルポリシーは楽天トラベル記載情報を引用しています。
※予約サイトや宿泊プランや日毎に、別途キャンセルポリシーが設定されている場合があります。プラン詳細ページと予約手続画面にて必ずキャンセルポリシーをご確認ください。

今回の旅の内訳

人数内訳大人2名・子ども未就学児1名
プラン【禁煙】洋室・バストイレ付(2名~3名利用)
予約サイト楽天トラベル
部屋アネックス館洋室
宿泊月8月
宿泊費39,960円
※宿泊費はGOTOトラベルやクーポン適用前の価格です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできるもくじ