MENU
koko itta
心配性で荷物が多くなってしまう母私と、ディズニー以外のテーマパークで絶対待てないせっかち夫、真顔で乗り物に乗りがちな息子の3人家族の子連れ旅行ブログです。

予約サイトとのギャップや価格から見た満足度などを掲載しています。(よく話が脱線します。)

よく行く場所は伊豆、他に私の故郷の小田原と夫の故郷の群馬北部など。

混んだ場所に行かない・待つ場所に行かない・頑張らない、が旅のテーマです。

タカアシガニ まずい口コミは本当?実際に食べて味の感想をレポします

タカアシガニ まずい口コミは本当?味の感想を実際に食べた体験談で解説、普通の蟹との違いは?

タカアシガニを伊豆戸田で食べてきました。一部では「まずい」という人もいるようですが、果たしてその味は…普通の蟹との違いや美味しい時期・旬なども紹介します。

タカアシガニといえば、水族館で暗闇の中展示されているコレですよコレ。

まさか自分がこんなクモみたいな謎の生物を食べることになるとはね!!

前から気にはなっていたんだけど、高いし大きいし(我が家は蟹は私しか食べないので)なかなかチャンスがなかったんです。

今回は宿のプランでタカアシガニをお得に食べられる機会があったので食べてみました。拍手ッ

「高足ガニは、普通の蟹より弾力性がある」

なーんて書いてるサイトッ!!

実際に食べてないだろ想像だけで書くのはおやめッ!!

クリックできるもくじ

タカアシガニ まずいって本当?味と食感の感想

私ずっとタカアシガニを食べるのが夢だったんで、味について色々と事前調査していったんですよ。

すると「大きな蟹だけどタラバやズワイに引けを劣らない味」とか「深海の生き物だから、弾力がすごい」とか書いてあるんですよね。

ま、嘘でしたね。

タカアシガニはニュルッとしてる

タカアシガニを食べた感想を私の語彙力で表現すると、「普通の蟹よりニュルッっとしてる」というか…

普通、蒸した蟹って身がふわふわしてますよね。
でもタカアシガニは違います。

ニュルっとしてるんです。

そんなバカなwwって思うと思う、私もそんなバカなwwって思う。でもニュルっとしてるんです。

そういえば、そんな感じの感想をどこかのサイトで見掛けたんですよね…

蟹専門サイトみたいなのが軒並み「タカアシガニは弾力ガーーー!」と書いている中、個人の方の意見だったと思うんですけど…

食べる前の私は「何言ってんだコイツww」ってちょっと疑っていたのですが、実際食べてみたらニュルっとしてました。

この時ほど、「あぁ実体験で書いている個人ブログの感想の方がやっぱ信用できるわ…」と思った事はないね。

高足ガニ(タカアシガニ)って水揚げするとどんどん身が溶けてしまうそうです。

それを戸田漁港の皆さんが、美味しく食べられるよう試行錯誤してくださって今があるわけなんだけど、水っぽい性質だからか、普通の蟹のような弾力性はなく、柔らかくてニュルっとしていて塩気が強い感じでした。

水っぽい性質の証拠なのか、配膳係の方がタカアシガニを運んで身を出してくれた時、ちょっとタカアシガニを動かしただけで、殻から液体がドバァドバァ!!と出てきてw

あっちこっちドバドバァァァっと液体が流れ出てきて、タカアシガニの身の溶けやすさを目の当たりにしました。

味はミネラルみ強めで臭みはナシ!

さてタカアシガニの味。

貴重なだけあって…

高価なだけあって…

クセがある!!

気にならない人は気にならない程度のクセが。

何ていうのかな、深海の生き物だけあってミネラルみが強いです。

でも、不思議な事にいわゆる「蟹臭さ」みたいなものはあまり感じませんでした

一般的には「蟹というより海老に近い味」なんて言われるそうですが、なんかそれも違ったなー

でも好き嫌いは分かれる味だとは思いますね。

うーん!!食べてみて!!

蟹味噌が液状でさらっとしていて大量!

それからタカアシガニは、蟹味噌がサラッとしています。

しかも大量に入っているから、タカアシガニの身を蟹味噌につけて食べるのがオススメみたい。

身は普通の蟹よりクセがあるんだけど、蟹味噌は普通の蟹味噌よりクセがないので、身につけて食べると絶妙なバランスなんですよね。不思議すぎ。

蟹味噌が多いので、ちょっと見た目エグいですけどもw

残念ながら偉そうな夫にピントが合っちゃってますけど、なんとなく雰囲気わかるでしょうか。ドロッとした感じ。

タカアシガニ 美味しい時期(旬)と食べられる場所

タカアシガニの旬と食べられる場所を載せておきますね。

タカアシガニの旬と美味しい時期

タカアシガニ漁は10月から4月頃まで行われるそう。

私がタカアシガニを食べたのも秋でした♡

中でも12月から2月にかけて水揚げされる高足ガニは特に美味しいそうですよ。

その日に水揚げされたタカアシガニを、お刺身として提供してくれる食堂や宿もあるみたい。

次はお刺身食べてみたい!!

タカアシガニを食べられる場所

タカアシガニが水揚げされるのは、伊豆の戸田漁港。

深海魚の聖地ともいわれていて、タカアシガニだけでなく本エビやトロボッチなどの深海魚を楽しめるお店があります。

戸田にはこんな風に…

タカアシガニの甲羅が飾られていて、昔から魔除けとして使われているそうですよ♡

タカアシガニを食べられる食堂もたくさんあります。

タカアシガニが食べられるおすすめ宿

せっかく戸田へ行くのだから、温泉と一緒にタカアシガニを楽しみたいー!という方は、タカアシガニプランがある宿がオススメ。

伊豆の戸田周辺宿は、食事のハズレ宿がない!と私の中で評判のエリアなんです♡

我が家が実際に泊まったおすすめ宿を紹介します。

なお、タカアシガニ付きプランは時期やその年によりない可能性がありますので、こまめにチェックしてみてくださいね♡

味わいの宿 ときわや

お料理が美味しかったなぁーーー!!

戸田港に近い宿で、眺望はイマイチだけど、お手頃価格の宿で接客応対も丁寧でした。

ときわやに泊まったのはだいぶ前だけど、いまだに私の中の「デザートまで完璧に美味しかった宿」上位に居続けています。

海のほてる いさば

海に浮かんでいるような貸し切り風呂が有名な宿。

戸田界隈では高級な部類です。

ここも食事が美味しいです。

雲と風と(旧マホラリゾート)

もともと渡瀬恒彦さんの別荘だったかで、マホラリゾートという宿になって、その後雲と風とになりました。

ここは唯一無二の大絶景が望める宿。

さいごに

タカアシガニの味の感想をまとめました。

次はお刺身で食べてみたいな!

食べたらまたレポしますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできるもくじ