MENU
koko itta
心配性で荷物が多くなってしまう母私と、ディズニー以外のテーマパークで絶対待てないせっかち夫、真顔で乗り物に乗りがちな息子の3人家族の子連れ旅行ブログです。

予約サイトとのギャップや価格から見た満足度などを掲載しています。(よく話が脱線します。)

よく行く場所は伊豆、他に私の故郷の小田原と夫の故郷の群馬北部など。

混んだ場所に行かない・待つ場所に行かない・頑張らない、が旅のテーマです。

浜辺の宿 濤亭 子連れ宿泊記|下田入田浜目の前、オーシャンビュー高級宿!

浜辺の宿 濤亭 子連れ宿泊記|下田入田浜目の前、オーシャンビュー高級宿!

下田入田浜の目の前にある全室オーシャンビューの宿「浜辺の宿 濤亭」に子ども連れで泊まってきました。お部屋やアメニティ・お料理などをレポします♡

いつか絶対に泊まりたい〜!っていう憧れの宿って皆さんあると思うんですけど、我が家にとって入田浜目の前の「濤亭」がその1つ。

海目の前の宿ってやっぱり高いし…

しかもさ、濤亭って名前がもう高そうじゃん…

そこで!

かなり早い段階で海開き直後の平日に予約をして、なんとか我が家も濤亭に泊まることができました〜!拍手ッ

というわけで、濤亭をレポしていきます♡

»宿の詳細・宿泊費を先に見る

クリックできるもくじ

浜辺の宿 濤亭の行き方&チェックイン

濤亭は入田浜の目の前。

入田浜への入り口は国道135号線を走行中、少しわかりにくいので、濤亭の看板を目印に入っていきます。

下田駅の方から行く場合はココを左折。

南伊豆の方から行く場合は右折です。

この先を突き当りまで進んでいきます。

突き当たったら右に進むと…

すぐに濤亭の駐車場がありました♡

チェックイン前に駐車場をお借りしました

我が家はこの日、濤亭のチェックイン時間まで目の前の入田浜で遊ぶ予定で、事前にチェックイン前・チェックアウト後の駐車場利用について濤亭に確認していました。

チェックイン前なら駐車場が使えるとの事だったので、濤亭の駐車場に停めさせていただき、フロントの方に一声掛けて入田浜へ♡

見て!!!

濤亭の駐車場の目の前からビーチへ出られるの〜!!最高〜!

カートを引いていけるような道ではないのだけど、車から降ろした荷物をそのまま運べてかなり便利です。(ハマゴウがたくましく茂っているのでちょっと足がチクチクするかも)

入田浜は本当に美しいビーチなんです。大好き。

入田浜のレポは別記事にまとめているので、ぜひご覧ください♡

海で遊んだ後、チェックイン!

海で遊んで満足したら、いよいよ濤亭にチェックイン〜!

チェックインの時は興奮していてまったく写真を撮れなかったので、夜に撮った写真ですけど、濤亭のフロントです。

フロントから左手にこじんまりとしたカフェラウンジがあり、他のお客様がチェックイン手続き中だっったため、いったんソファーに案内されました。

いつか来たいと思っていた宿に今いると思うと、感動もひとしお…

ああ…いい…

浜辺の宿 濤亭 スタンダードルーム和室 客室レポ、景色最高すぎよね

さて、今回宿泊するのはスタンダードルーム和室(11.5畳)。

濤亭の中で一番お手頃なお部屋です♡

ヤシの木越しの入田浜、贅沢な景色に釘付け!

玄関を入ってすぐ冷蔵庫などがあって、右にお部屋がありました。

お部屋に入ってすぐ、全員で「涼しい〜!!!」と歓喜してしまったw

特に夏は、お部屋に入った時に涼しいと嬉しいし、暑い中到着するお客様への気遣いを感じるのは私だけ?

係の方が冷たいお茶を用意してくれて、「どうぞ、おくつろぎ下さい(意)」なんて言ってくれたのだけど…

窓からの景色に釘付け〜!!

いやぁぁぁ〜!!!!何この景色〜!!

なんて贅沢なの…

こんな優雅な時間、ある?

大切に使われている昔懐かしいアイテムがたまらない

濤亭のお部屋のところどころには昔懐かしいモノが置かれていました。

時代を感じさせつつ綺麗に保たれているのが素敵だわ〜!懐かしい!

スタンダードルームのお風呂は普通のお風呂だけど…

濤亭はスタンダードルーム以外のお部屋は檜の内風呂。スタンダードルームは普通のバスです。

でもお風呂に窓がついていて、少し入田浜の景色が見られるのは素敵ですね♡

濤亭はジャパンブランドコレクションTOP100に選ばれた宿、ってまさかの宿と姉妹店?!

一通りお部屋を見た後、やっと腰を落ち着けた私の目に飛び込んできたのは「ジャパンブランドコレクション2022」という本。

ほうほう、濤亭が載っているのかしら…さすがだわ…な〜んて本を手に取ると…

うそ!!!たてしな薫風と姉妹なの?!

えええええ!!

たてしな薫風といったら、我が家の歴代宿泊宿の中で東府やと双璧。

旅を振り返って「東府やと薫風、この2つを超える宿はなかなかないね」なんて夫と話すぐらいにもう本当に素晴らしい宿なのよ…まさか濤亭が薫風の姉妹施設だとは…

本には濤亭も薫風も掲載されていたけど、中身はおとなの事情で掲載できないので、興味ある方は自腹で読んでみて!私も買うわ。

浜辺の宿 濤亭 アメニティ類と子どものアメニティ

興奮しすぎちゃったので冷静に濤亭のアメニティ類を紹介します。

そう目新しいものはないけど、純和風宿という感じのラインナップ。でもカフェメニューがあったのが個人的にすごく好き。

浜辺の宿 濤亭のお着きのお菓子

濤亭のお着きのお菓子はえびせん!

冷たいお茶とえびせんが、海水浴後の身体にしみわたるわ…

お着きのお菓子って甘い物を置いている宿が多いけど、お煎餅も良いですね〜♡特に夏場は嬉しいかも。

濤亭のお部屋の飲み物

濤亭の冷蔵庫の中にはペットボトルのミネラルウォーターが入っています。

冷蔵庫の上にも常温のミネラルウォーターが置いてあるのが、濤亭のニクいところ(もちろん良い意味で)。

冷たいお水も美味しいけど、私レベルの年齢になると、身体の芯の冷えは大敵ですからね。常温は嬉しい。

他にはお茶セットが置いてありました。

濤亭は喫茶メニューあり、お部屋に持ってきてもらえる

私は宿に着いたらまずコーヒーでホッと一息したい人なのだけど、純和風の宿にはコーヒーが備え付けられてないことが多いですよね。

濤亭はコーヒーや紅茶といった喫茶メニューがあるので、フロントにお願いすればお部屋まで持ってきてくれるんです♡

これは地味に嬉しいわ〜!

この景色を眺めながらコーヒー飲めるなんて…最高か。

大人のアメニティ

大人の浴衣はシンプルな紺色で統一されています。

シンプルでいい感じ。

洗面台にアメニティ類が人数分。女性の髪の毛をしばるゴムやシャワーキャップもありました。

化粧品は資生堂のものが用意されています。

他に、温泉宿によくあるかかとクリームとかもありました。

ここは特別感動するような感じではなく、ごく一般的ですね。

子どものアメニティ

小学生の子どものアメニティは大人に準ずるアメニティで、浴衣は予めお部屋に1つ用意されています。

サイズが合わない場合はエレベーター前にこんな風に各サイズ並んでいるので、お願いせずともお借りできるのは嬉しい。

浜辺の宿 濤亭 料理・食事レポ

濤亭の食事はお部屋出し。

チェックインの際に指定した時間に用意してくれます。

夕食

濤亭のお料理は、1つ1つ運ばれてくるスタイルではなく、最後の香の物とお椀以外まとめて出されるので、食べるペースを木にしなくて良いのがすごく良かった。

それから、量が程よいのがイイ!

伊勢海老のお造り。

夫はお造りはひと切れで良いタイプだし、息子は甲殻類苦手だから、私がほぼ独り占め…なんて贅沢なの〜!

そして金目鯛の煮付け。

金目鯛の煮付けは色んな宿のものを頂いてきたけど、濤亭の金目鯛の煮付けは甘すぎず、タレが濃すぎず、食べやすかったわ!そして身が一番ふっくらしてた気がする。贔屓目かもw

ごはんは炊き込みご飯。

ここにも金目鯛が入っていました♡

お味噌汁の写真を撮り忘れちゃったので、最後のデザート。

あんみつ〜!

旅館の甘味って時にがっかりさせられる事もあるけど(料理との落差がすごい宿とかさ!)、濤亭の”あんみつ”っていうチョイス、流石すぎない…?

いやこれ、本当に美味しかったのよ!!久し振りにあんみつ食べて懐かしい気持ちになっちゃったし、宿の雰囲気にもばっちり合ってて最高だった。

朝食

濤亭の朝食です。

色とりどりのおかずと…

炊きたてのごはん!

あぁああこのごはんは嬉しいーーーー!!!

少しおこげもあって最高でした。

昨日の伊勢海老のお造りはこのとおり、お味噌汁に。

良い出汁が出てて、思わず「ハァ…」と声が出ちゃうやつですね。

濤亭の子ども料理

濤亭の子ども料理は、小学生は大人に準ずるお料理でした。

伊勢海老が省略されているぐらいだったような…

浜辺の宿 濤亭 温泉・お風呂

濤亭の温泉は下田温泉(加水・加温・循環ろ過)。

貸し切り風呂や家族風呂はなく、シンプルに男湯と女湯のみで、日替わりになります。

我が家が到着した日は露天風呂付きの大浴場が女湯、もう1つの大浴場が男湯でした。

大浴場の入り口はこんな風に畳とベンチになっていて、ウォーターサーバーがありました。

私が到着日に入ったお風呂はコチラ。

引用元:じゃらん

かなり広めのお風呂です。

こっちのお風呂には露天風呂がついています。

引用元:じゃらん

我が家が到着した日に男湯だったお風呂がコチラ。

引用元:じゃらん

こっちのお風呂は少し小さめです。

スタンダードルーム以外にはお部屋に檜の内風呂が着いているからか、土地・季節柄、温泉目当ての人が少なかったのか、私が入った時は夕方も朝も誰もいず貸切状態でした♡

浜辺の宿 濤亭は入田浜への出入り口やシャワー・洗濯機あり

濤亭は入田浜目の前の宿なので、浜辺に直接出られる出入り口があります。

それがコチラ!

お部屋ごとにロッカーっぽいものが用意されています。

チェックインの時にお部屋まで案内してくれたスタッフの方が説明してくれたんですけど、ココを何に使うのか忘れてしまった…

下駄箱だって思い込んでいたけど、靴は下にしまってありますしね…何に使うんだったかなw

海水浴場にタオルの持ち出しはできないのですが、海水浴場から戻ってシャワーを浴びてタオルをお借りする事ができます。

ちなみにココがシャワー。洗濯機もあるのは便利ですね〜!

シャワーと洗濯機の前の階段を上がり、右手に進むと海水浴場に行くことができます。

今回はこんなに便利な施設があるなんて知らず、チェックイン前に入田浜で泳いでテントの中で着替えを済ませ、車に荷物を置いて濤亭にチェックインしちゃいましたけどもw

次に濤亭に泊まる事があったらぜひ利用させていただこうw

下田大和館の時もそうだけど、毎回海沿いの宿に泊まってもポテンシャルまったく引き出せない我が家…

浜辺の宿 濤亭の残念ポイント

さて翌朝。

さぞや清々しい景色が見られるだろうと期待して起きてみると…

おおおお、雨雲すっごw

いや土砂降り〜!

何を隠そう我が家、レジャーに雨がつきもの。

おかげで、海水浴を予定していた旅行で雨に見舞われた時にどう立ち回るかを習得してしまった。

さぁさぁ!ここらで当サイト恒例「ここが残念!」というポイントをあげていきますよ〜!

お料理の配膳が少々バタバタだったかな

濤亭の宿の雰囲気に反し、お料理の配膳は少々バタバタ感ありました

そこは宿の雰囲気とギャップ大きかったな〜と思いますね。

とても親切なんですけど、廊下のバタバタが伝わってきて、係の方が私から見てもだいぶお姉様だったので、お手伝いした方が良いかな…なんてちょっとハラハラしちゃったw

でも残念ポイントはそれだけ!

浜辺の宿 濤亭 子連れ旅行の感想まとめ

再訪したい度

施設・建物
イマイチ
最高
部屋
イマイチ
最高
料 理
イマイチ
最高
接 客
イマイチ
最高
予約サイトとのギャップ
価格からみた満足度
イマイチ
満足
子連れ旅おすすめ度
イマイチ
最高

※個人の感想です。

いやぁ、濤亭からブルーの美しい入田浜を眺めながら過ごす時間は贅沢そのものだったな…

入田浜目の前には旅館的な宿が1軒しかないから(コンドミニアムばかり)、濤亭がすぐに埋まってしまうのもわかるわ!

さて、当サイトに訪れて下さる聡明な奥さまならもうお気づきの事と思います。

入田浜の美しいブルーを眺めながら美味しい料理と優雅な時間を過ごせるのは濤亭だけだということに。

しかも食事は部屋出し。一生分の贅沢よね。

そうそう、チェックアウトの朝土砂降りだったけど次第に雨雲が移動して…

晴れ間が見えてきました♡

濤亭は11:00チェックアウトだから、お部屋でのんびり過ごして雨をやり過ごしました。

また濤亭に泊まりたいわ!

\この宿の口コミや価格をチェック/

浜辺の宿 濤亭 基本情報・宿泊費

所在地〒415-0028静岡県下田市吉佐美348-7
交通アクセス伊豆急下田駅より車にて7分
総部屋数13室
キャンセルポリシー当日        :宿泊料金の50% 
3日前から     :宿泊料金の20%
※キャンセルポリシーは楽天トラベル記載情報を引用しています。
※予約サイトや宿泊プランや日毎に、別途キャンセルポリシーが設定されている場合があります。プラン詳細ページと予約手続画面にて必ずキャンセルポリシーをご確認ください。

今回の旅の内訳

人数内訳大人2名・子ども小学校低学年1名
プラン早期60(基本料理)
館内利用券おひとり1,000円分付/アーリーイン14:00
予約サイトJTB
部屋スタンダードルーム和室+広縁
宿泊月7月
宿泊費66,825円
※宿泊費はGOTOトラベルやクーポン適用前の価格です。

各予約サイトの最安値とクーポン

楽天トラベル28,100円〜» 宿のクーポン
»楽天トラベルのクーポン一覧
じゃらん29,200円〜
» 宿のクーポン一覧
» 下田のクーポン一覧
JTB23,650円〜» エリア別クーポン一覧
一休.com28,500円〜» 伊豆でクーポン配布中の宿一覧
るるぶトラベル» エリア別クーポン一覧
大人2名2食付き利用時の1名あたりの最安値、調査時点の情報です。
るるぶトラベルは日付未定検索ができないので最安値未調査です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできるもくじ